JNCM
 【Position】   Home--->>各部門--->>>教団事務局--->>>>フィリピン台風被災支援関連
 < フィリピン台風被災支援関連 > Page1
次ページへ
 フィリピン台風(ハイヤン)被災者への支援のお願い
日本ナザレン教団の教会の皆様 (教職・信徒の方々へ)

日本ナザレン教団JNCM、教団理事会
   JNCM担当理事 江頭真彦(藤沢教会)
フィリピン台風(30号、ハイヤン)被災者への支援のお願い
 主の御名を賛美します。
 11月9日にフィリピン レイテ島などへの史上最大級の台風「Haiyan」(台風30号)の被害がテレビなどでも伝えられています。この地域は 最貧地域で死者は3000人から1万人と言われています。
 この為ナザレンの現地教会などでも相当な被害を受け、緊急救済チームが派遣されています。特に被害の大きかった東ビサヤス地区
(*)とパナイ地区(**)には4200人のナザレン教会の信徒が住んでいます。 
(写真:アジア太平洋地域本部のHPから)
  *ビサヤス地区・・・南部のレイテ島、セブ島を含む諸島地域
  **パナイ地区・・・セブ島・ネグロス島の西北部に位置するパナイ島を中心とした地域
  いずれもマニラから4〜500km程南南東の地に位置している。

 現地の状況細部については次のHPを参考にしてください。
 ナザレン教会アジア太平洋地域(本部)ホームページ(英文)
 同上ページの台風被害に関する詳細情報ページ(英文)

 これを受けて、JNCM及び教団理事会は緊急支援として30万円の支援を決定し、11月13日に送金をしました。
〔各教会で被災者ご支援の献金募集をしていただきたくお願い致します。〕
 各教会などで、「フィリピン台風30号ハイヤン救済」として献金を募ってくださるようお願い致します。なお目標30万円を超えてご支援があった場合は追加送金を致します。

 以上、緊急ですが、皆様よろしくお願い致します。


 神様は聖霊を通して、皆様の祈りを通して被災者の必要に応えてくださいます。被災者の大きな期待と必要の前に私たちナザレンの力は小さいのですが、たとえ小さな一歩でも踏み出して神様の愛を伝えられればとお祈りします。私たちは小さくとも神様の働きは 大きいことを感謝します。 

 (以上)
↑  このページの先頭に戻る
 ↑  このページの先頭に戻る












end